2021年6月に食品衛生法の一部を改正する法律が完全施行されました。これにより、すべての食品等事業者がHACCPに基づく衛生管理またはHACCPの考え方を取り入れた衛生管理を運用していくことになります。

しかしながら、文書作成や帳票作成をしたものの、実施が御座なりになっているケースも見受けられます。原因の一つに、HACCPシステムによる衛生管理の考え方が全社に浸透していないことがあげられます。また、構築はしたものの、内容に無理があるため実践できない(等閑になっている)というケースも見受けられます。原因のひとつにシステムが机上で作られ現場にあっていない状況にあることがあります。

どちらに言える原因は、なぜHACCPシステムを運用しなければならないかの本質的な目的を理解していないことにあります。結果、食品の安全性が弱まり競争力低下の要因にも繋がってしまいます。

そこで、まず、自社のHACCPシステムの構築に問題がないか、また、運用に問題がないかを把握するために、食品安全規格(JFS-B規格)の要求レベルと比較したギャップ診断をオススメします。

ギャップ診断をすることで、不足している部分、修正が必要な部分がわかり、対策を講じることができます。また、ギャップを埋めることで食品安全規格の認証を取得するチャレンジにもなり、認証を取得すれば対外的にも食品安全活動をアピールすることができるようになります。(一部の食品卸や小売は、取引要件としています)

本セミナーでは、ギャップ診断の目的から診断の実施方法、診断結果の使い方などを紹介し、今後の改善ストーリーを掴んで食品安全活動を実のある活動にするための第1歩を応援します。
セミナーの最後に貴社のHACCPシステム構築の参考になる小冊子を紹介をします。

カリキュラム
1.食品安全に関する法整備の状況
2.HACCPシステムの基本
3.構築・運用のギャップ診断のススメ
   (1)診断の必要性
   (2)診断の目的
   (3)診断の実施方法
   (4)診断結果の見方
4.診断結果の活用方法
   ・JFS規格へのチャレンジ
5.JFS-B規格:構築・運用小冊子の紹介
6.質疑応答

※コンサルタントまたは個人の方のお申込みはお断りしております。

日時 :2021年8月24日(火)14:00~16:00
WEBセミナー: 随時質問可能
参加費 :8,800円(税込) 
講師 :一般社団法人 中部産業連盟 主任コンサルタント 小坂 智徳

開催日時 2021年08月24日(火) 14:00~16:00
募集定員 20名(先着順)
申込受付期間 2021年06月02日(水) 11:00~ 2021年08月24日(火) 14:30

セミナーのお申し込みはこちら