2021年6月よりHACCPが完全制度化し、食品の安全・安心や安定供給が求められる中、食品業界に求められる責任はますます重大となりました。
本セミナーの第1部では「異物混入」をテーマに、JFS-A/B規格の監査会社である中部産業連盟により、偶発的な混入を防ぐためのマネジメント手法を解説いたします。
第2部では赤門ウイレックス株式会社より、空調管理による環境衛生改善、防虫対策などの事例を含め解説いたします。
第3部ではセコム株式会社より、悪意ある意図的な異物混入などの内的リスクや部外者における外的リスクに対応したセキュリティ対策について解説いたします。


開催日時:2021年11月24日(水)13:00~16:30
WEBセミナー:随時質問可能
参加費:無料


第1部(13:10~14:10)
「食品工場のリスク管理」
カリキュラム
 1.食品企業における異物混入問題とリスクベース思想
 2.異物混入対策へのリスクアセスメントの活用とリスク対応手順
 3.“なぜなぜ分析”と異物混入防止パトロールの活用
 4.異物混入における再発防止対策の徹底
 5.毛髪混入防止対策
 6.設備に起因する異物混入対策
 7.食品開発部門におけるリスク管理と原料仕入先管理
 8.異物混入における危機管理対応

講師:中部産業連盟 東京事業部長 理事・主幹コンサルタント 山崎 康夫

第2部(14:20~15:20)
「意外な盲点!食品工場の空調管理」
カリキュラム
 1.赤門ウイレックスの取り組みについて
 2. IAQ(室内空気質)の定義
 3.空気質に危害を招いた不具合事例
 4.空気質が危害を出さない為の管理方法 ~空調管理~
 5.空気質が危害を出さない為の管理方法 ~防虫管理~
 6.今後必要となる空調管理(本日お伝えしたい事)

講師:赤門ウイレックス株式会社 サニテーション事業部 
FMC営業部西日本営業室 九州事業所 副長 尾嶋 健一郎


第3部(15:30~16:30)
「食品工場におけるセキュリティ対策のポイント」
カリキュラム
 1.セコムの取組みのご紹介
 2.「SGS 食品への意図的な異物混入防御のための物理的対応基準」について
 3. 異物混入防御のための物理的対応の具体例
 4.「セコム・サプライチェーンセキュリティ・セレクト」について

講師:セコム株式会社 TSS企画推進室 室長 桜井 俊之

※コンサルタントまたは個人の方、講演者企業の競合他社様のお申込みはお断りしております。
※カリキュラムは一部変更になる場合がございます。

個人情報の第三者提供について
弊連盟は、お申し込みに関するお客さまの個人情報を第三者に提供いたしません。 ただし、共同して開催等を行う第三者(以下「共催者等」といいます)を明示したフォーラム・セミナーまたはイベントにおいては、個人情報の取扱いを確認した上で当該共催者等に対してのみ、提供を行う場合があります。尚、提供された個人情報は、共催者等において保有・管理されます。

開催日時 2021年11月24日(水) 13:00~16:30
募集定員 150名(先着順)
申込受付期間 2021年09月13日(月) 10:00~ 2021年11月24日(水) 14:00

セミナーのお申し込みはこちら