生産管理業務改革、現場力強化など、様々な経営課題は混乱期こそ、実行のチャンスです。
なぜなら、仕事が安定している時期は、目の前の仕事に忙殺され、改革、改善への巻き込みが弱くなるためです。一方で、売上低迷や顧客要求の変化が起きる混乱期は、現場の危機意識が高まり、業務の問題点、ムダが顕在化します。まさに、「ピンチがチャンス」の状況です。
本セミナーでは、混乱期こそ、生産管理業務改革、現場力強化を進める好機である理由と実施ポイント、さらに、改革・強化をするためにITツールをどのように上手く取り入れ、活用するのかといった「システム導入検討~環境・体制づくり」をはじめ、「選定・導入~稼働」までのプロセスや実稼働に至るまで、その極意をお伝えします。
第1部は製造業におけるマネジメントのプロ集団である中部産業連盟より、第2部は生産管理システム導入シェアNo.1※の実績を誇る大塚商会より講演いたします。

※ 生産管理 導入済み、導入予定の製品/サービス (年商500億円未満の企業 <複数回答可>)で導入シェア1位(他社と同率)
 出典:「2020年版 中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」 (ノークリサーチ)


開催日時:2021年7月19日(月)13:30~15:30
WEBセミナー:随時質問可能
参加費:無料

カリキュラム
第1部(13:30~14:30)【システム導入検討~環境・体制づくり】
1.混乱期こそ改革・改善のチャンス
2.システム導入だけを目的化しない目標設定
3.システム導入を効果的に動かす環境づくり ~5S、ムダ取り、IT化前の実施事項
4.効果的なシステム導入検討体制づくり
5.システム導入後の機能的な運用方法~保守・保全、評価、展開方法

講師:中部産業連盟 東京事業部 次長 上席主任コンサルタント 丸田 大祐


第2部(14:30~15:30)【システム選定・導入~稼働】
1.システム導入前に準備しておいてほしいこと
2.SIer、パッケージの選定ポイント
3.業種別パッケージの導入プロセスと注意すべきポイント
4.システム導入は本稼働で終わりではない
5.まとめ 生産管理システム導入におけるコンサルティングの必要性について

講師:株式会社大塚商会 本部SI統括部製造SP 次長 岩沢 和幸
   株式会社カクタル 生産管理コンシェルジュ   酒田 裕之

※コンサルタントまたは個人の方のお申込みはお断りしております。
※カリキュラムは一部変更になる場合がございます。

個人情報の第三者提供について
弊連盟は、お申し込みに関するお客さまの個人情報を第三者に提供いたしません。 ただし、共同して開催等を行う第三者(以下「共催者等」といいます)を明示したフォーラム・セミナーまたはイベントにおいては、個人情報の取扱いを確認した上で当該共催者等に対してのみ、提供を行う場合があります。尚、提供された個人情報は、共催者等において保有・管理されます。

開催日時 2021年07月19日(月) 13:30~15:30
募集定員 200名(先着順)
申込受付期間 2021年05月20日(木) 11:00~ 2021年07月19日(月) 14:00

セミナーのお申し込みはこちら