製造業の原価把握と工場コストダウン&イノベーション!

製造業の経営環境が厳しい中、外部環境として製品ライフサイクルの短期化、顧客からのコストダウン要求、内部環境として原価計算のシクミが実態と合っていない、営業・開発部門と製造部門とのコミュニケーション不足による売値と原価のギャップ発生などがあげられます。
これらの課題解決を目的に中部産業連盟では、工場の管理会計を構築し、「全社コスト構造改革」に活用する手法を開発しました。
このセミナーでは、工場を中心とした、製品別の採算性の明確化、原価情報算出の仕組み構築、工場建設計画に活用するなどの管理会計・原価管理の進め方を説明し、そこから適切な収益改善の手段を導き出すやり方をわかりやすく説明します。

カリキュラム内容
1.管理会計の役割と短期間での導入手法
2.原価管理と直接原価計算の活用法
3.管理会計導入の進め方と製品別原価の“見える化”
  ・ 導入のための7つのステップ
  ・ 企業への具体的な適用事例を多数紹介
4.製品別工数算出の重要性と具体的な方法
5.原価低減活動の進め方とコスト構造改革への道
・ 収益向上体系図の活用
  *講義終了後:個別相談会実施(希望者のみ)
          
※個人及びコンサルタントの方(または競業団体の方)のご参加はお断りいたします。
※カリキュラムは一部変更となる場合があります。

開催日時:2021年9月21日(火)13:00~16:30
WEBセミナー:随時質問可能
参加費:1名様16,500円(税込)
    2名以上の場合、または中産連会員の方は1名 につき 13,200円(消費税込)
講師:中部産業連盟 東京事業部長 理事・主幹コンサルタント 山崎 康夫

開催日時 2021年09月21日(火) 13:00~16:30
募集定員 30名(先着順)
申込受付期間 2021年06月22日(火) 13:00~ 2021年09月21日(火) 13:30

セミナーのお申し込みはこちら