体系的な現場改善を実施して、安全性を確保し、生産性向上を図る!
・現場の生産性を上げるために、生産現場をどのような目で見て、アプローチで取組んだらよいか?
・導線のムダ、手待ち、ムダ作業etc現場の問題点を科学的に見つける手法を活用し、効率的な現場に変身させるには?
・現場の人を巻き込み、効果的かつ具体的な進め方は?
・定着を図るための演習を用意
(講義では、演習の目的、活用方法の説明のみで、実際の演習は受講後に自主的に取組んでいただきます)

カリキュラム
1.現場力を高める必要性
2.科学的アプローチのIE手法の概要
3.全体の流れを捉える製品工程分析・演習紹介
4.工程間、作業間のバランスをみるラインバランス分析・演習紹介
5.工程全体のムダを効率よくみるワークサンプリング・演習紹介
6.作業のムダを詳細に分析する時間観測
7.レイアウト改善、セル生産、作業改善、多能工化の検討と導入のポイント

※コンサルタントまたは個人の方のお申込みはお断りしております。

開催日時:2021年5月27日(木)13:00~16:00
WEBセミナー:随時質問可能
参加費:1名様8,800円(税込)
講師:中部産業連盟 上席主任コンサルタント 丸田 大祐

開催日時 2021年05月27日(木) 13:00~16:00
募集定員 10名(先着順)
申込受付期間 2021年03月18日(木) 10:00~ 2021年05月27日(木) 14:00

セミナーのお申し込みはこちら